<< 8/6The FINAL入賞者お披露目ライブに関して | main | 8/6りんご並木の三連蔵前でサンデーライブを行います。 >>

お披露目ライブのスケジュール(8/6フェスタセントラルパーク)

MusicWAVEオーガナイザーの大澤です。

8/6のお披露目ライブの件です。
演奏順を以下の通りに致しました。

人形劇フェスタ関係の進行時間の兼ね合いもあり、
大きな時間変更も予測されます。

また、できるだけ他の皆さんの演奏も聴いて頂きたいので、
時間に余裕のある方々は、セントラルパークでお楽しみくださいさんの絵文字
 
。隠機В毅亜腺隠供В横--たんポップぱぷりか
■隠供В横亜腺隠供В毅--弥勒菩薩
19:30〜20:00--しーまん
ぃ横亜В娃亜腺横亜В械--AKADAMAファイナル
ィ横亜В械亜腺横院В娃--たんたんと

さんの絵文字The FINAL入賞者お披露目ライブ

さんの絵文字開催日:20011年8月6日(土)16:00〜21:00

さんの絵文字場所:フェスタセントラルパーク(中央公園)

さんの絵文字出演者:たんたんと、たんポップぱぷりか、弥勒菩薩、しーまん

(AKADAMAファイナルは現在調整中)

セントラルパークバラエティーアワー 「お祭りワッショイ」内

The FINAL

入会申込みのご案内

こちらもご覧下さい♪

イイダウェーブHP
http://www.iidawave.com/

やさいウェーブツイッター http://twitter.com/831WAVE

ランナーズウェーブツイッター http://twitter.com/RunnersWAVE

イイダウェーブ事務局ツイッター http://twitter.com/IIDAWAVE

丘の街タウン情報まいかブログhttp://blog.maika.in/

ゆるキャラ天国inりんご並木2011ブログhttp://ameblo.jp/yurukyaratengoku/

飯田まちなか情報http://www.iida-machinaka.com/index.html

りんご並木のエコハウスブログhttp://ecohouse.ecomodel-iida.com/

 IIDA WAVE 事務局
  衄單弔泙舛鼎りカンパニー内(担当:井口・藤田)
      TEL.     0265-21-1212
      FAX.     0265-21-1252
   E-mail
iidawave@machikan.jp





コメント
お披露目ライブおつかれさまでした。
早速で申し訳ないのですが、少し思うところがありましたのでコメントさせていただきます。

お披露目ライブがあるということで向かわせていただきまして、たんポップぱぷりかさんの演奏が終了し、さぁ次は弥勒菩薩さんかなというところで「ワッペンが必要な公演です」と言われ、私を含め友人たちと一緒に驚きました。
このお披露目ライブはIIDA WAVEの企画であるところのThe FINALに関連付けられた企画であると思っていましたし、事前に確認した広報では特に入場料なども必要なく、
いうなれば無料で聴きに行けるものだと思っていたのです。
ですが、いざ行ってみたらその場でワッペンが必要だと言われました。
人形劇フェスタのプログラムに組み込まれている以上ワッペンが必要なのは当然の事とも言えるのでしょうが、だとすれば企画の違うイベントは個別に行うべきではないでしょうかと思うのです。

聴きたくて来たライブとはいえ、高校生の私にはそのためだけにワッペン1つを買うというのも手持ちの問題上はばかられ、結局聴きたかった友人のライブも聴けずじまいでとても残念でした。
それになにより、観客の減ってしまったその後の受賞者さん達がとても可哀想に思いました。
その後ちょうど雨が降り出し、ほかのテントは既に人がいっぱいでとても雨宿りする場所など無い状態だったので、演奏しているテントの中ならスペースもありますし雨宿りできるかなとも思ったのですが、MCを担当していらした女性の口ぶりから「ここにいるにはワッペンが必ず絶対何が何でも必要だ」という事が嫌でも理解できてしまっているので、テントにすら入れず雨に濡れながら屋根を探す人たちも、また同じように可哀想に思います。
テントに雨宿りに入っただけで演奏を聴いているものとみなされてしまえば当然ワッペンが必要になるわけですから、うかつにテントに近づくことすらできなかったんです。

聴きたくても聴けなかった人。
聴いて欲しかったのに聴いてもらえなかった人。
雨の中目の前に広い空間があるにもかかわらず雨宿りできなかった人。
この現状を、まず認識して欲しいと思います。

話が少々ずれてしまったように思いますが、この状況を見て、私はとても疑問に思いました。
そもそも、なぜ『IIDA WAVE企画のイベント』を見に行くのに、『人形劇フェスタのワッペン』が必要なのでしょうか?
席を立ち雨の中に出ていく人たちの中からも「これにもワッペンが必要だなんて」「雨宿りもできそうにないね。酷い話だ」という声を耳にしました。
これは私個人の意見ではなく、少なくとも私の見聞きした複数人の同一意見であることをご理解いただきたいと思います。
この件につきまして、お忙しいかとは思いますが、ご返答どうぞよろしくお願い致します。
  • 匿名希望
  • 2011/08/07 1:50 AM
匿名希望さん

コメントありがとうございます。
お気持ちはよくわかります。
企画者に説明をお願いしています。
皆、普段は仕事をしており、
ボランティアで企画・開催しています。
少し時間がかかると思いますが、
もうしばらくお待ち下さいね。
  • IIDAWAVE事務局
  • 2011/08/08 12:30 PM
IIDAWAVEのヘッドプロデューサーの桑原です。
まず最初に告知の中でワッペンのことに触れてなかったことに謝らなくてはならないです。
会場に来てからそれを知ったら確かに「それはないでしょ!!」ということになりますよね。
その点については本当にごめんなさい。
それから個別のイベントにするべきという意見についての考えを書きますね。
IDAWAVE自体、ただの市民団体として活動しているのですが、他の団体とのかかわりも多く持っています。
飯田市からも協力してもらっていますし音楽関係、農業関係、映画館など本当に多くの人たちに支えられているのです。
「TheFINAL」についてももちろんです。
会員以外の人からは若干の入場料をもらっていますが出演者からも通信費以外はもらっていません。
ああいうイベントが経費無しにはできないということはわかると思いますが、
たとえば「TheFINAL」は最初の審査からCDを作るまでには何十万もかかるんです。
本来は100万程度はかかるのですが市の協力で会場費の減額やCANVASの無料使用などで若干は減ってます。
では、そのお金はどこから出てるかというと会員の会費からです。
そんな中でのIIDAWAVEは予算不足に悩んでいます。
お披露目ライブを独自にやるということになると経費は出演者負担か入場料を1000円以上にしないとできないでしょう。
そこでフェスタと絡めるということにしているのです。
「TheFINAL」の入賞曲は仲間内だけで「その曲いいよね!!」ということだけでなく、もっと多くの不特定の人たちに広めたいというのが目的です。
そういう意味でも経費についてもありがたい場所なのです。
以上がフェスタパークでやるという意味
です。
もう一点のフェスタのワッペンについてですが、これについては僕はフェスタ実行委員会の役員の一人でもあるので、その立場も含めての考えを書きますね。
あの中央公園のテント内の経費はどうやってまかなっているか知っていますか?
かなりの経費がかかっていることは想像がつくと思います。
テントを含め、音響、照明で300万近い経費がかかっています。
その経費はワッペンを中心にまかなっているのです。
また、あの場所でボランティアとして働いている中高生も全員ワッペンを自分で買ってその経費の一端を担っているのです。
フェスタにおいてもワッペンの意味を理解してくれない人も居るというのが現状です。
700円というのは実は観劇料ではなく、運営費をみんなで出し合っているということです。
みんなで楽しむためにかかる費用をワリカンに!・・みたいなことでしょうね。
やはりその思想をしっかりと伝えることが大切なんでしょう。
確かに公共の場所なんだから
「雨宿りするのがなぜ悪いんだ?」というのも理解できます。
でも、あのテントもそういうお金で立ててあるのです。
フェスタ実行委員会は公共施設についてちゃんと許可を取り、そこの設備にお金をかけて使用しています。
文化会館のホールを誰かがちゃんとした手続きで借りてるのと同じです。
雨宿りだからといってチケットを買わずにホールの中に入るということはしないと思います。
とはいえ実際は野外ということもあってなかなか徹底はできないのが現状です。
それから一人ひとりに丁寧に、なぜワッペンか・・という説明ができるわけではないので「なんで?」という人たちの気持ちもわかります。
正直な人・・この言い方には語弊があるかもですが・・はワッペンを買ってくれるか、出て行くか。
でも、実際あの時は半分以上の人がワッペンをつけていない状況でした。
自分でも出資(ワッペン)してあそこの運営のために働いて、挙句の果てに雨宿りの人たちの心無い大量のごみを遅い時間まで片付けている中高生を見るとやっぱり切なくなります。
司会者もそのあたりを知っているからどうしても口うるさくなってしまったと思います。
本心を言えばああいう場所での徹底はかなり難しいです。
今はある意味でのグレーゾーンでもあるのでしょう。
でも、その思想を時間をかけて伝えることで気持ちの良いイベントになっていくと信じています。
飯田市のりんご並木は今では世界的にも有名です。
植え始めのころは実のほとんどは盗まれてなくなったそうです。
でも、東中の生徒がくじけることなく作り続け「盗まないで下さい」と訴え続けた結果が今の並木です。
今でも外から来る人たちには「町の真ん中にあるのにどうして盗まれないの?」と不思議がられています。
市民の気持ちでの約束がちゃんとできているのです。
フェスタもそんな風に育っていけばいいなあと思っています。
でも想いを持ってい
  • 桑原
  • 2011/08/11 1:39 PM
長すぎて途中で切れちゃったので・・・

でも、想いを持っていても一方的に押し付けるは良くないことだと思います。
そこは時間をかけてゆっくりとお互いに理解を深めながら良いものにしていくことが大切です。
ということで以上のような理由でフェスタパークを使っているのです。
とにかく今回は、ワッペンが必要だということを事前にお知らせしていなかったことについては言い訳のしようがありません。
これからは告知については最大限注意を払ってしっかりとした情報を伝えるように努力します。
うっかりということもあるので、こういう指摘は本当にありがたいと思っています。
また何か気が付いたことがあれば遠慮なく言ってくださいね。
  • 桑原
  • 2011/08/11 2:03 PM
桑原様、お忙しい中ご返答ありがとうございます。こちらの返答が遅れてしまったことに関して、大変申し訳なく思うと同時に、ご返答いただいた事に対して痛烈に感謝しております。
早速一通り読ませていただきました。このような問答を何度続けても、そちらのお時間を割いてお答えいただく事になってしまうので大変申し訳ないのですが、ご返答いただいた桑原様の考えについて、もう少しだけ書かせてください。

まずフェスタと絡めるに至る過程についてなのですが、
お言葉ですが、そもそも経費のことについての説明は求めていません。それにあの規模のイベントが安々とできるはずが無いことは、言うまでも無く重々承知しております。
それでも予算不足なのですね。
その予算不足の中で、なぜフェスタと絡めるという発想に至ったのか、申し訳ないのですが私にはわかりません。ご説明いただいているにも関わらず理解ができないなどこれ以上ない羞恥に苛まれているのですが、なぜ予算不足の中、他の大規模なイベントに組み込もうと思ったのでしょうか。
フェスタについても300万近い経費がかかっているんですよね? TheFINALと同じように、市やその他の団体の援助もあって若干の減額はされているにしても、ワッペンその他の費用だけでまかなえるはずがないと私は考えます。
ワッペンが高くなったから今年からはもういいや、という声をちらほらと耳にします。
ワッペンの値上げをせざるを得ない状況とは、すなわちイベントの規模の拡大か純粋な資金不足という経済的背景が想像できます。
人形劇フェスタが資金不足であることを前提に考えると、資金不足なイベント同士が一緒になって、大事な資金源に何かメリットが生まれるのでしょうか? マイナスとマイナスは足してもマイナスのままだと思うのですが。
会場費などを考慮すれば若干の減額はあるのでしょうが、原因の根本的解決には程遠いと思います。
市内の資金がどう動いているのか、詳しいことはわかりませんのであまり意見しづらいのですが、私はそう思いました。
もう1つの目的である入賞曲を不特定多数に広めたいという事についても、広めるのならなおさら個別にやった方がいいのでは、と思います。
そうでないと、「人形劇フェスタに絡めでもしないと聞いてもらえないくらいにはTheFINALは内輪でやっているだけのイベントなのだ」と捉えられる可能性も否定し切れません。無論そうだとは思いませんが。

ワッペンについても、先ほど自分で話に持ち出しているので大変申し上げにくいのですが、TheFINALの件と同じく経費について説明は求めていませんし、莫大な資金が動いているのだろうなとは思います。
桑原様の仰る考えを吟味しますと、公共施設をお金をかけて借りて使用している。そこに立てたテントに入るのにワッペンが、換言すればお金が必要なのだとするならば、そもそも中央公園への立ち入り自体もワッペン着用者に限定すべきだと思います。ワッペンが観劇料ではなく運営費の一旦だという解釈なのならば、なぜお金を出して借りている中央公園に入るのにワッペンが必要なくて、その中のテントに入るのにワッペンが必要なのでしょうか? そこに明確な差異は感じられないのですが。
また、桑原様の仰る例えについても理解はできます。雨宿りでホールに入る事については言うまでもありませんが、雨宿りで文化会館の軒下に入るくらいは許されるのではないでしょうか。
先ほど私が上げた意見に則り、文化会館全体を借りているとなれば、軒下さえも入ってはいけないのでしょうけど。
また、運営のために働いて挙句大量のごみを遅い時間まで片付けている中高生とありますが、
運営に従事する、会場付近を清潔にする、これらは彼らが志願した仕事なのではないでしょうか? 私自身、人形劇フェスタのボランティアスタッフに従事したことがありますのでその辺りはある程度わかりますが、彼らはその仕事を望んでスタッフを志願しているはずです。
それに、残されたその心無い大量のごみは、雨宿りの人たちが出したものだけでしょうか?
そこまで見られていらしたのなら感服いたします。
これらの思想をりんご並木を例えに提示していただきましたが、この場合「りんごを盗む」=「ワッペンを購入せずにテントに入る」という事なのでしたら、そこには大きな間違いがあると思います。
りんごを盗む行為は意図的な悪意を持った行動ですが、今回でいう所のワッペンを購入せずにテントに入る行動については、全くの無知が為した、いわば事故のようなもの。
飯田市民ならば、フェスタの公演を「観劇」するのにワッペンが必要なことは重々承知しているはずです。ですが、今回は「フェスタで行われた公演」を観劇しに行ったわけではないのです。
  • 匿名希望
  • 2011/08/18 1:27 AM
文章が長くなってしまったので、分けさせていただきます。申し訳ございません。


少なくとも、私達はTheFINALのイベントを見に行ったのですから。無論TheFINALのイベントがフェスタの公演だなんて微塵も思っていませんでしたので。
そもそもりんごを盗むという行為は良心の判断の為すところだとは思うのですけどね。
また、想いを一方的に押し付けることがよくないことには同意いたしますが、その想いがというものがワッペン着用の義務なのだとしたら、雨宿りさえ許さないワッペン厳守の姿勢そのものが思想の押し付けを体現しているのではないでしょうか。

支離滅裂な文章になってしまっていたら申し訳ございません。桑原様のお考えに私は新たな疑問点を感じましたので、稚拙ながらもコメントさせていただきました。

最後に、短いながらもこの一連の問答を見聞きし感じる中で、資金は足らず、他のイベントと併合せざるを得ない中、資金源となるワッペンも売れず、運営の思想が全く伝わらない。
そんなイベントをわざわざ続ける必要があるのでしょうか?
入場料を1000円以上とったら誰も来なくなるかもしれないようなイベントを、無理して続けることに果たして意味があるのでしょうか?
値上げだけでワッペンの購入をはばかるような現状で伝統だからなどと言い続けることが、果たして可能なのでしょうか?

不躾な物言いで申し訳ございません。ただ、私はそう思いました。
お忙しい中だとは存じておりますが、再度ご返答お待ちしております。
  • 匿名希望
  • 2011/08/18 1:29 AM
色々な考えありがとう。
フェスタやIIDAWAVEのやり方にはいろいろな意見があります。
フェスタについても経費云々は関係なく「やる必要が無い」「大道芸のイベントに変
えろ」「「もっと大きくしよう」「縮小しよう」・・など色々と。
でも所詮、文化に正解は無いんです。
正しいとか間違いではなくそれを選択しているだけです。
なので思想ややり方について議論はとても大切ですが、皆が納得する答えは永久に出
ないので今回の細かい意見についてこういう場では見解を述べないことにします。
TheFINALの思想や審査方法についてもいろいろな意見があります。
「専門家の意見で決めるべきだ」「音楽に優劣は無いというのならコンテストはやめ
るべきだ」「他には無い最高のコンテストだ」「CD制作はやめて賞金にしたほうが
いい」「参加者からは当然参加費は取るべきだ」等・・。
これらは全て正しい意見です。
でも、IIDAWAVEは今のやり方を選択してこれでやると決めています。
多くの人間が関るイベントでは、多くの意見が出ます。
フェスタも同じです。
そこから先は民主主義の原理で多数決です。
ただし、単なる多数決ではなく、強い想いを持った人の意見はそれなりに反映される
でしょう。
文化とはそういうものです。
だから「フェスタなんかやめたほうがいい」という人は沢山いるでしょうが、それよ
りも「やりたい」って言う人のほうが多いんですよ。やりたくなくても、やるという
意味は感じてるという人も居る。
その意見が逆転すればフェスタはなくなります。
その点は民主主義国家なのでちゃんとなるようになるのでご安心を。
そもそも、「なぜ人形劇なんだ!」ということに対しても皆が納得する答えなんか無
いですよ。
やりたい!と強く思う人たちが居てそれに賛同した人たちが協力して・・だんだんと
大きくなったんですからね。
始まった当時は<誰も>30年以上続くなんて思ってなかったんです。
だから、お披露目ライブをフェスタパークでやるというのは間違っているとは全く
思っていません。
多くの人に参加して欲しいという気持ちは強く持っていますが、TheFINALは
じめIIDAWAVEのイベントは強制ではないので趣旨に賛同できない人は参加し
なくていいのですから。
なので前の返答にも書いたように、事前告知が悪かったということに尽きると思いま
す。
賛同できない人たちまで来てしまったということですものね。
このことは文化云々とは全く次元の違う話ですから要改善です。
ホームページ上での議論はちゃんとした気持ちを伝えるにはあまりよくないと考えて
いるので返答は今回限りにします。
そういえば考えではなくて事実確認ってことと思うので、「リンゴンのときの心無い
ゴミ」
についてだけ答えます。
もちろん全てではありませんが、
ポイ捨てのゴミの多くははワッペンを付けずに来る人たちのものです。
このことはスタッフの多くが実際に確認していることであり悲しいことに事実です。
ワッペンをつけている人たちの大半は公演を見たいということで来ているので目的意
識が違うってこともあるかもしれません。お披露目ライブに参加してくれた人たち
に、もちろんポイ捨てしてる人は見ませんでした。
4日間の中で土曜日はワッペンをつけている人の人数は何倍も多いということは無い
のですがゴミの量はそれ以上です。
でも、だからといって片付けないということではなく、次の日も早めに集合して大量
のゴミ拾いから始めるのです。
実行委員会でもお祭り時なので仕方が無いことだと認識してはいるけど、切ない・・
ということです。
これは別にワッペンどうとかじゃなく当たり前のマナーですけどね。
しかしそれにしても、高校生で本当にここまで考えを持っているのなら、かなり凄
い!!
逃げたと思われるのもいやだし、僕は答えの出ない問題について議論をするのは大好
きなので、
事務局に伝えてくれればちゃんと時間をとって議論に付き合いますよ!!
ここから先は顔を突き合わせて話をしましょう!
  • 桑原
  • 2011/08/19 11:44 AM
もうひとつ
なぜフェスタの会場を御披露目ライブに借りていることについてですが
誤解があったようなので付け加えますね。
あのステージを借りることに対してはイイダウェーブとして使用料は発生してないんですよ!
フェスタが用意したステージと音響を無料で借りているということです。
それはフェスタからみると、
一緒になって盛り上げてくれるなら是非使って下さい!
ということです。
人形劇フェスタ実行委員会もイイダウェーブも飯田市を楽しくて良い街にしたいという想いで活動している任意の市民団体です。
協力し合うのは当然です。
御披露目ライブが単独では予算が無くてできないけどフェスタパークなら可能になるのはそういう訳理由です。
マイナス+マイナスは大きな利点がありますよ!
たまたまそういう機会があるので御披露目ライブをやるんですが、機会がなければやりません。
イイダウェーブとして約束しているのは公民館ステージの後はCDを作ることだけです。
  • 桑原
  • 2011/08/19 1:31 PM
ご返答ありがとうございます。またもこちらの返事が遅れてしまって申し訳ございません。

桑原様のおっしゃるとおり、確かにこの手の話題についてはいくら話しても確立された答えにはたどり着かないでしょう。その点については同意しますので、私もここで終わらせようと思います。
ご迷惑をおかけしました、ありがとうございました。
  • 匿名希望
  • 2011/08/30 8:24 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座